Miuの子宮頸部腺がん闘病記

2017.4月子宮頸部腺がんと宣告され頭が真っ白に…Miuの闘病記です。喜怒哀楽すべて吐き出します。マイペース更新。

術後5日目

6時起床
検温・血圧測定・酸素濃度のチェック・採血。
熱は下がったが朝から吐き気がひどく嘔吐。何も食べてないから胃液しか出ないよ…
薬疹は全身に出てるわ嘔吐するわで朝から気も沈む。
 
8:30
感染内科の先生がきてくれました。
点滴してる所が痣になっちゃってるので場所を変えることに。
いい場所がなかなか見つからず今回も時間がかかる。
 
9:30
皮膚科の先生がきてくれたので診察してもらう。診察の結果アレロックを処方される。
 
10:00
主治医の内診
薬疹がひどくて先生や看護師さんに心配されたけど(診察するのにパジャマを脱いで改めて見た薬疹に想像以上にひどかったから自分でもびっくりしましたがw)
手のひらしか痒くないので当の本人は見た目ほどひどくなく。これで痒かったら地獄だ。
「嘔吐していて術後便がまだ出てないので腸閉塞の可能性が出てきたから後で大腸の先生に診察してもらいます」と言われました。
内診の結果は傷口もキレイで異常は見当たらず熱の原因が分からない状態で気持ち的にもやもや。
 
診察室までは歩いていきました。昨日一昨日は熱で歩けなかったので熱が下がった今日は少し歩かないと。
診察後看護師さんに頼んで少し歩いてみる。ここ数日は熱の方が辛いからか傷口の痛みはもちろんあるけど痛み止めの点滴なしでも我慢できるようになる。
10段階で言うと4〜5くらいの痛み。
病室に戻って少し経つと吐き気がひどくなってきて辛かったから薬をお願いしました。
 
11:00
大腸の先生が病室にきてくれたので診察してもらう。診察の結果異常なしとのこと。
 
13:20
お願いしてた吐き気止めの薬が届いたので早速飲む。処方してもらったのはガスモチン。
薬を飲んだ後少し寝る。
 
15:00
薬が効いてきて少し楽になったので洗髪してもらいました。5日ぶりの洗髪でサッパリ!
熱出して汗かきまくりだったので相当臭かっただろうな。
ドライヤーで髪を乾かすのも結構労力いることが分かりましたね。ドライヤー持ってるのがしんどくなり半乾きで諦める
 
サッパリしていい気分になったのもつかの間、その後また吐き気がひどくなってきたので寝る。
洗髪してもらった時の体勢が良くなかったのかな?
寝て楽になった時を見計らって少し歩きました。
 
歩き終わって病室に戻ってきてベッドでボーッとしてたらアレルギーが出る自分に対して悔しくなって泣き出す。
個室なので周りに聞かれる心配もないから思う存分に大泣きしました。
なぜ自分は抗生剤にアレルギー反応が出て薬疹や吐き気が出るんだ!っていう変な悔しさがあって。
術後の回復が遅れてることに焦りもあったのかな。
この日は5回も嘔吐したのが辛かったから余計に泣けたのかも。
胃液だけを吐いて吐いて吐きまくって精神的ダメージ大きかった。
泣きながら「絶対に負けない。元気になるために手術を受けたんだから。絶対に元気になってやる」この言葉を心の中で繰り返しました。
 
 
就寝前になるとまた熱が38度まで上がってくる。
熱があることを伝えると始めは脇などを冷やしてみて下さいと言われ、言われた通り脇を冷やす。
冷やして熱が下がるならその方がいいからという事でした。
これで36.8度まで下がりましたが、その後だんだん寒気がひどくなり熱を測ったら39度に。この時点での時間は0時くらい。
 
感染内科の先生がきてくれて検査のためにまた2箇所から採血。
抗生剤を使うことになり薬疹が出ないか確認するために感染内科の先生2人と看護師さん1人にしばらくの間見守られながら抗生剤を入れてもらいました。
びくびくしながら反応見てましたが今回の抗生剤ではアレルギー反応出なかった…!
抗生剤が終わってから熱を測ると下がってなかったので解熱剤の点滴も入れてもらう。
 
寝るタイミングを完全に逃し朝の5時まで寝れず。この日の睡眠時間は1時間でした。