Miuの子宮頸部腺がん闘病記

2017.4月子宮頸部腺がんと宣告され頭が真っ白に…Miuの闘病記です。喜怒哀楽すべて吐き出します。マイペース更新。

手術前日まで

手術3日前


7:30起床
術前でやることがなく暇だったので看護師さんに散歩していいか聞いたら「いいですよ」と言われたので朝食後院内をぶらぶら歩く。

中庭を発見してベンチに座ってボーッとしたり。

天気がよくて気持ちいいから手術前までの数日はこの中庭に通ってました。

外の空気を感じることができるのが嬉しくて。
 

17:30から主治医の内診。
外来で診察してもらってた先生と主治医が違うので教授内診の前に診察してもらいました。
何回やっても内診は痛い…
 
 
手術2日前

 

6時半に看護師さんに起こされる。
朝食後また中庭に行きつつ院内をぶらぶらする。
手術2日前のこの日から下剤(ピコスルファート)を内服。
昔、市販薬の下剤を飲んでトイレで倒れたことがあるので今でも下剤は苦手…
効き目が6時間後らしく夜中にお腹が痛くて目が覚めトイレを数回往復する羽目に。

 

手術前日

 

6時起床。
お水を飲んだらまたお腹が痛くなって起きて早々トイレと友達に。
9時頃担当医の1人のY先生が来て20分後に教授内診があるので準備して下さいと言われる。
 
9:20 教授の内診のため診察室へ。
教授→主治医E先生→外来の時に診察してもらったT先生の順での内診。
痛かった…痛かったけど耐えるしかないので我慢。
この時に剃毛とおへその掃除をしてもらいました。看護師さんに「おへそが全然汚れてない…!」とお褒めの言葉?いただきました。
内診終わったあとはまた中庭に行きつつ院内をぶらぶら散歩。
 
13:30 麻酔科の先生の説明
 
13:55 主治医E先生がきて教授内診の結果はⅠBとの事。ただ、病理検査後に正確なことは分かるのでと言われる。
 
15:00 1回目の浣腸。看護師さんに浣腸してもらって「3分待ってからトイレに行って下さいね」と言われる。
この3分待つのがものすごく長く感じて辛かった。こんなに我慢してるのにまだ1分しか経ってないの!?みたいな。
 
19:30 2回目の浣腸。
夜勤の看護師さんに聞いたら「倒れたりしたら大変だから待ち時間2分でもいいんですよ」って言われまして。
…そうなの?この1分の差は私の中でとても大きいぞ。
 
この日の夕飯後から絶食です。
固定物は食べられず水とお茶とスポーツドリンクのみになります。
とうとう明日手術なんだなって実感がだんだん湧いてきて何を思ったか傷がない状態のお腹を写真に残したくなって携帯で撮影しました。